※ベビ待ちの女性の方WANTED※ダイエットと不妊の関係性とは?

ダイエット

女性にとって、ダイエットはきれいな体、理想的な体になるために行うものだと考えられます。

しかし、無理なダイエットによって不妊症になることがあり、子供がほしくても妊娠しづらい状態になってしまうこともあります。ベビ待ちの方は絶対にダイエットは危険です。

ダイエットは適度にやれば肥満が解消されますが、過度なダイエットとなればより不妊症になりやすいものです。

ダイエットはホルモンバランスを崩し、肥満解消には効果的ですが、ホルモンバランスの乱れにより卵子や子宮を傷つけてしまうことがありますし、急に体重を減らすと体は心臓などの臓器を守るために動き、生命維持にほとんど関係がない子宮や卵巣にホルモンがいかなくなります。

無理なダイエットをしたことで、生理不順やひどい生理痛を引き起こした人が多くいます。
ダイエットをすると子宮などに悪影響を与えてしまうので、過度な運動や食事制限は避けることが大事です。

運動や食事制限が不妊にどうつながるのか?

過度な運動は体調を崩すことがあり、あまり無理をしない程度に行うのがいいでしょう。
運動により体内の酸素の消費量が増え、卵子や子宮を傷つけるだけでなく、老化を進める活性酸素を増やすきっかけになります。

極端に食事制限をしてしまうと、子宮や卵巣にも大きく影響を与えてしまい、不妊症になってしまいます。
食事を一定以上制限すると、体全体が臓器に働きかけるようになり、生命維持に関係のない子宮や卵巣に対し女性ホルモンの分泌を止めてしまいます。

女性ホルモンは妊娠機能にとても重要な役割を果たすため、女性ホルモンの分泌が少ないと生理不順を引き起こします。
ホルモンバランスが乱れたり、ホルモンの量が不足したりすると、生理が止まって無月経になったり、卵巣機能の低下で無排卵になったりします。

無月経や無排卵になれば事態は深刻なものだと考え、体調の改善をしていくことが重要になるでしょう。

ダイエットするなら妊娠しやすくすることも大事

過度なダイエットは不妊症になるので、妊娠しやすい体を維持しながら最適なダイエットをしていくことが大事です。

妊娠しやすい体は標準体重前後がふさわしいと言われ、標準体重まで自然な流れで痩せられるようにしていきましょう。

期間を定めず日ごろから適切な運動と食事をしていけば、自然に体重は落ちていき健康な体として妊娠しやすくなります。

運動方法に関しては、息が切れない程度で30分程度行えば効果的に痩せられますので、ジョギングやサイクリング、エアロビクスなどがおすすめで、あまり過度にやりすぎないように注意しながら行いましょう。
食事に関しては、カロリーの摂りすぎに注意し、1日3食を心掛けて食生活を行えば大丈夫でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする