妊娠初期のつわりを軽減するには?

つわり

妊娠初期はつわりが多くなる時期

妊娠初期になると、つわりが多くなって大変つらい時期になると言われています。
症状や程度には個人差がありますが、吐き気やおう吐、頭痛、食欲不振などの症状が出ます。

においに敏感になったり、食事が偏ったものになったりするのもつわりの一種ですし、よく酸っぱいものが食べたくなるなどと聞くことがありますが、これについてもつわりのうちに入ります。

妊娠5~6週あたりからつわりが多くなると言われ、妊娠12~16週で落ち着くと言われています。

つわりの症状が悪くなれば妊娠悪阻という病気かもしれませんので、すぐに病院に行きましょう。
妊娠悪阻に関しては、朝から晩まではいていたり水分を受け付けなかったりすれば、病気が疑われます。
妊娠悪阻は妊婦の1~2%がかかると言われ、ひどいときは人工妊娠中絶も要することになります。

つわりの原因は何なのか?

妊娠初期から症状が現れるつわりですが、いったいどうしてつわりが起こるのかはいまだにわかっていません。
つわりの原因として有力な説になっているのが、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンによるものだと考えられています。

絨毛とは後に胎盤になるもので、そこから分泌されているホルモンが嘔吐中枢を刺激しているのではないかといわれています。

そのほかの考え方には、人の特性から考えられるもので、異物を体外に追い出そうとアレルギー反応のように発生するとも考えられています。
つわりは何度も妊娠を重ねていくと、以前の妊娠時のことを体が覚えているため、つわりの症状がきつくなると言われています。
つわりは赤ちゃんが成長していくためにおこるものだと考えれば、つらさを乗り越えられます。

つわりの症状を乗り切るためには

つわりの症状が出ると妊娠中はいろいろと辛く感じてしまい、不安になってしまいます。
つわりの症状が出たら、症状が軽くなる方法を実践することで、つらい症状を乗り切ることができます。
気分が悪くなったらすぐに休むようにし、水分をできるだけ多くとるようにしましょう。

吐いた後は早く歯を磨くなどして、口の中をすっきりさせることで吐いた後の気分がよくなります。
つわりによるつらさは周りの人も理解する必要があり、相手がつわりになればすぐに介抱してあげましょう。

胃が空っぽになるとつわりの症状が出るので、お腹がすく前にこまめに食べておけば未然に防ぐことも出来ます。
食べるときはタンパク質や複合炭水化物を中心に食べるようにし、食事に関しては、葉酸がつわりの症状を軽減してくれるので、葉酸を含んだ食材を食べるといいでしょう。
つわりの症状が出たらできるだけ軽減できるような行動をとり、つらさを乗り切れるようにしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。